minakoshimonagase minakoshimonagase minakoshimonagase minakoshimonagase minakoshimonagase

NEWS

最新情報

【展示情報】

箱根ガラスの森美術館で、4月27日(土)より7月15日(月)まで開催されている「ヴェネチアン・グラスと祝祭の都」に春の花を身にまとったビーズフラワートルソー「Primavera」がリニューアル展示されています。この機会にぜひご覧ください。
 

【展示情報】

2024年に創業50周年を迎える「八王子うかい亭」様、日本の建築美と西洋の芸術品による伝統美が融合する店内に、ヴェニスガラスウィークにも出展され、高い評価を受けたガラスビーズの桜(特別額装:150×60)が展示されています。
うかい様ならではの演出で引き立てられた3種のビーズから作られた桜は永遠に輝き、様々な表情を見せながら皆さまをお待ちしております。
 

Premio Fondazione di Venezia per Venice Glass Week 2023

「ヴェニスガラスウィーク・ヴェネツィア財団賞を受賞!」

2023年9月14日から22日まで開催された「The Venice Glass Week」の期間中、モチェニゴ博物館にて展示された下永瀬美奈子作「Fiori di Vetoro ・ガラスの花、ビーズフラワー」の展示が最優秀展示に選ばれました。
 
「2019年にGiovanna Poggi Matchesi氏よりヴェネツィアンビーズフラワーを継承し、イタリアと日本、両国の関係者の皆様に支えられ、この度の名誉ある賞をいただきました。ヴェネツィア発祥のこの素晴らしいアート、ガラスの花を世界中に広め、咲かせていきたいと思います。」
 
また、期間中多くの方にお運びいただいたイタリア人ビーズフラワーアーティスト Benedetta Gaggia氏とのコラボレーションも話題を呼びました。
オフィシャルサイト(英語)

VENEZIAN BEADED FLOWER

イタリア・ヴェネツィア発祥 ビーズフラワーとは

2mm のグラスビーズを一粒一粒、専用のワイヤーに通し、立体的な花に仕上げていくビーズフラワー。永遠に輝き続ける花々は自由自在、繊細なフォーミングにより表情豊かにアレンジメントされます。その美しさと芸術性は国内外で高く評価され、四季折々の花々からウェディングブーケまで、暮らしのあらゆるシーンを彩ります。
ビーズフラワーはビーズが世界で最初に作られたイタリア・ヴェネツィアで生まれ、世界に広がりました。下永瀬美奈子の感性と繊細な技術により、「和モダン」としてあらたな表現が加わりました。
2012 年には、世界最大のビーズフラワー、300 万粒を超えるビーズで「希望の桜」(H200×W300cm)が制作されました。
ビーズを繋ぎ、人を繋ぎ、心を繋ぐ、永遠に輝くビーズの花を未来に繋いでいきます。

ARTIST

下永瀬美奈子
minako_shimonagase

MINAKO SHIMONAGASE

1989年ニューヨークでビーズフラワーレッスンを始める。
2004年『暮らしを彩るビーズフラワー』、2009年作品集『CandyGarden の世界』を出版。2011年日本ビーズフラワー協会を設立、初代会長に就任。ビーズ300 万粒の世界最大のビーズフラワー「希望の桜」を制作、日本ビーズフラワー界の第一人者。
2019年イタリア・ベネツィアンビーズフラワーの継承者となり、日伊で活動。